自分に似合う〜眉解説並行眉から脱却しよう。

たまには、メイクテクニックのことを、

ブログに書いてみます。

メイクは、レッスンでお伝えしますね。と

私が、頻繁にブログに書いているらしい。そうかな

だってね。。

このブログを4年も見続けて

美塾に来て下さった生徒様。

メイク何一つ、美塾メイクではなかったです。

ブログをどんなに見続けても、

メイクは上手になりません。

メイクはスポーツと同じ。これも何度も書いてます。

体感覚で身に付けるもの。

例えば、私が、ウィンブルドンのテニスをどんなに見続けても、

毎日、テニスをしなかったら、

出来るようにならないのと同じ。

ちなみに、ウィンブルドンはテニスの最高峰の選手ばかりで

卓越した技術、メンタルを見せつけられています。

私は、子供の頃から、30年以上、ウィンブルドンを見てます。

母がテニス好きだったので

でも、出来ないよ。。

テニスコートに行くと、

私はボール拾いに疲れ果てるだけ。。泣

それでも書いてみます。

このメイク、なにが変わったの??

と聞かれたからです。かなり大きい反響

迷子から、自分を見つけた!20代前半!

左自己流メイク右美塾のナチュラルメイク

ちなみにメイクは全て変わりました。

スキンケア、ベースメイク、

眉、アイメイク、チーク、リップ。

全て、自己流メイクから、美塾メイクへ。

といっても、わからないので、

今日は、メイクの質問で一番多い

眉について解説しまーす。

自己流メイクで一番多い眉の書き方は

自分の顔骨格を無視して、

眉の形色を見ています。

顔全体を見るのではなく、

眉というパーツだけで見ている。

周りの同世代の女性たちの顔、眉、雑誌を見て、

何となく、見よう見真似でやっている。

周りと似たようなメイクが出来上がると、

似合っているかどうかではなく、

馴染んでいることで安心するのかな。。

眉解説のモデルさんになってね〜。

ビフォーは、実は、典型的な流行り眉でした。

流行りとは、並行眉

色は薄いブラウンにし、眉マスカラでペタッとしています。

この薄いブラウンの並行眉

街中の若い女性達の顔で見ませんか?

女性は、周りを気遣うという、

受け身の姿勢を持っている人が多いので、

いつの間にか、周りと同じ眉にしちゃうんですね。

平らにするために、このように書くらしい。。

ほ〜。。こうすると、真っ直ぐな並行眉になるのね。

最後は、ブラウンの眉マスカラで固めています。右下

アフターは、美塾のナチュラルメイクアップになりました。

重視しているのは、

色でも、形でもなく、本来の骨格。

色は、中心部分が濃く、周りがぼけこんでいます。

出来るだけ自然な色へ。

グレー、ブラウンのグラデーション。

1色ではありません。

理由は、天然のものは均一な色ではないからです。

出来るだけ、人間本来の元の持ち味を

そのまんまメイクしています。

そうすると、本来の顔立ちが、際立ちます。

ネットで探した画像をご参考に。

並行眉はもう古い。

トレンドは立体アーチ眉へ。だそうです。

左平行眉右立体アーチ眉。

並行眉は、目が大きく&可愛く見える!という

思い込みから発生してるみたい。

立体アーチ眉にすると、

顔の奥行きが生まれます。

結果、顔が引きあがってみえるし、

この方の目の形、顔立ちがよーく伝わってきますね。

本来、スッキリとしたシャープな美人さん。

周りの同世代の女性たちが、並行眉だらけだとしたら、

奥行きのあるシャープな美人さんは、目立ちますね。

ということで、

平べったい眉を目指して、

毎朝、眉毛の上を削って、下を足して、

頑張っているあなた。!

薄いブラウンの眉マスカラが

ポーチに入っているあなた!

もう、古い上に、

せっかくのお顔立ちが埋もれます。

ちなみに、

並行眉はもう古い!と書いてあったのは、2016年の記事。

既に2017年も後半。

流行に関して、福岡は、

東京から2年ほど遅れてやってくるらしいので、

並行眉は、もう1年余り続くのかな。。

この記事を読んだ方は、

流行りの眉より、自分らしい眉こそ、

本来の顔立ちが引き立つとお分かりになったと思います。

じゃ、どうしたら、

自分らしい眉が書けるの?

自分に似合う眉って??

という方は、ぜひ、メイクレッスンへ来てくださいね。

美塾九州では、

本来の自分らしさを生かして頂きます。

全員が、アーチ眉でもありません。

美塾のメイクレッスン、または、

ナチュラルメイクアップレッスンを開催しています。

さて、真面目にメイクの記事を続けて書いてみよう。

次は、

まつ毛と眉毛、どちらが大切なの?

について。

とにかく、マスカラでまつ毛を太く長く、長く、長くと

ひじきのように、付けて伸ばそうとする方が多過ぎる。

美塾九州のレッスンで、

え?そんだけ???と、

驚かれるメイクが多いのですが、

マスカラもその一つ。

ええーーーーー

眉毛は長いほうがいいのでは??

まるで神話のようです。

つづきまーす。

自分のためのメイクアップ

魅力を磨きたい人生が美しくなるメイク道を学びたい方

美塾へ

ナチュラルメイクテクニックを身につけたい方

ナチュラルメイクアップレッスンへ

人をキレイにするためのプロコース

ナチュラルメイクアップのプロとしてキャリアアップしたい方

ナチュラルメイクアッププロコース

延佐智子〜最新スケジュール