ジョンルカレティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ

ゲイリーオールドマン主演の映画裏切りのサーカスを見ました。渋いスパイ映画なのですが、登場人物が多いうえ、話が複雑で、ストーリーがよくわからず、あまり楽しむことができませんでした。分かる人だけわかればいい、といったスタンスの映画です。そこで、原作の小説を読んでみました。ジョンルカレの小説は、翻訳がでるといつも買っているのですが、なぜかあまり読んでいませんでした。

ジョンルカレの原作はティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイというタイトルです。引退したイギリスの諜報部員、ジョージスマイリーを主人公にしたスマイリーシリーズの第一弾。スパイ小説の最高峰との評判があります。

イギリス諜報機関の上層部サーカスにソ連のスパイがいるらしい。そのもぐらを探すように依頼されるスマイリー。どうやらもぐらはサーカスの上層部にいるらしい。5人の容疑者はそれぞれ鋳掛け屋Tinker、仕立て屋Tailor、兵士Soldier、貧者Poor、そして乞食Beggerというコードネイムをもっていた。部外者として組織から距離を置くことのできるスマイリーが関係者に面会し、調査を進めていくとというストーリー。

小説を読むとストーリーがわかりましたが、いずれにしてもエンターテイメント性は低いと思います。イギリスのエスピオナージュといっても007とは対極に位置する極めて地味な小説映画です。ドンパチはほとんどないし、映画に関して言えばもほとんどなく、静かな映画です。よく言えば格調高く、文学性の高い作品と言えるかもしれません。

著者自身による序文によれば、首狩り人scalphunterや、色仕掛け(honeytrap)といった隠語は著者自身による造語で、実際のイギリスの諜報機関で使われているものではないそうです。だとすると、今や日本でもよく使われるハニートラップはジョンルカレの造語なのでしょうか。

ジョンルカレの小説はエンターテイメントと言うよりも純文学と呼ぶにふさわしい作品です。サマセットモームアシェンデン、コンラッド密偵、グレアムグリーンブライトンロックなどの系譜に属しながら、さらに文学性を高めている印象を受けました。

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ新訳版(ハヤカワ文庫NV)

Amazon

裏切りのサーカススペシャルプライスBlu-ray1944円

Amazon